ブログ

働き続けるために大切なこと

2019.01.29 09:20

こんにちは。
2019年が始まり、1ヶ月近く経ちましたね。
皆さんは今年をどんな一年にしようか計画や目標は立ててみましたか?

このブログを見てくださっている方の中には、今年は再就職に向けて動き出してみようと思っている方もいるのではないでしょうか。
もう一度働いてみたい、と思ったら日頃からご自身で、どんな仕事につきたいか、収入はどれくらいが良いか、職場の条件どのようなものだったら働くことができそうか、仕事をしていくにあたりどのような習慣を心掛け、身に着けているかなどを、細かく確認してイメージしていくことが大切です。

しかし、このような作業をただ一人で進めていくのはなかなか難しいものです。
リエンゲージメントでは就労支援の支援員や専門職の支援員たちが時間をかけて利用者の方と話し合いながら、就労へ向けて課題と目標を明確にし、就労への意欲を高めていきます。
この作業を繰り返し行うことで本人の就労へ向けてのモチベーションも高まってくるのではないのでしょうか。
また、職場見学を行ったり、企業の人事担当者のお話を伺ったり、実際に職場体験実習に行って職場の様子が肌身にわかるような体験が就労準備性を高めていきます。

さて、うつ病など精神疾患を抱えて働き続ける為に、大切なこととはなんでしょうか。
一般的に、このようなことが言われています。
〇本人が自己理解を深めること
〇就職ではなく「働き続ける」ことを目標とすること
〇ストレスと上手に向き合うこと
〇コミュニケーションをとりお互いの気持ちを知り、信頼関係を築くこと

就職後は、どんなに良い職場環境であっても、必ず「嫌なこと・辛いこと・しんどいこと」と向き 合わなければいけない機会や場面に直面します。
そして人間は生きていく中で良い時期も、悪い時期もあります。
仕事がうまくいく時もあれば、そうでない時もあります。

そんな中で、体調に好不調の波がある疾患の特性を踏まえ、心身不調になった時に相談できる場所として支援機関を有効に利用することをお勧めします。
支援機関との関係を築いておくと、不調を来す前の段階で不安やストレスの軽減につながったり、不調を来してしまった場合でもすぐに相談し適切な関わりができることで、結果としてご本人や就労先の双方に安心感を持ってもらうことにつながります。

リエンゲージメントでは、一人ひとりの課題に応じた段階的なプログラムを考えながら、生活習慣の形成をし、コミュニケーション能力を高め、社会適応能力の習得し、実際の就労に向けたプログラムや体験をしながら就労に向けて準備を整え、安定した就労を目指しています。
また、就労後も、職場で起きた困りごとなどに対して一緒に解決策を考え、安定して長く働き続けていただけるよう継続してサポートをしていきます^^


※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。

お問合せ先
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
一般社団法人リエンゲージメント(就労移行支援事業)
◇リエンゲージメント新宿
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-2 岩本和裁ビル4階
TEL : 03-5315-4940
◇リエンゲージメント横浜
〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-35-1 第2米林ビル8階
TEL : 045-594-8799
Mail: info@reengagement.org
https://reengagement.org/
~うつ病(精神疾患)克服! 復職・再就職支援 無料で提供~
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


この記事のトラックバックURL

https://reengagement.org/blog/22220/trackback/



« :前の記事 次の記事: »
リエンゲージメントとは 利用をご検討の方へ プログラム内容 就職までのプロセス 会社概要


一般社団法人リエンゲージメント/リワーク、就労移行支援
Copyright (C) Reengagement All Rights Reserved.

HOME お問い合わせ ニュース 企業人事のご担当者様へ 採用情報 プライバシーポリシー