ブログ

選択と集中

秋は『食欲の秋』『スポーツの秋』『読書の秋』『芸術の秋』と楽しみがいっぱいです。
楽しみが多すぎて選べない、時間が足りないという方もいらっしゃるかもしれませんね。 さて今日のブログのテーマですが<選択と集中>についてです。 <選択と集中>は経営において自社が得意とする事業分野を明確にして、そこに経営資源を集約させるという手法です。 経営資本、自社がもつ技術、人的リソース、時間は無限に湧き出てくるものではなく有限です。
他者との競合を勝ち抜くために不必要と思われるサービスには時間やお金、労力を割かずに、
本当に重要なサービス、製品を選択して注力することが求められることがあります。
<選択と集中>で成功した有名な企業では米国Apple社があげられます。
Apple社はありとあらゆる製品に手を出さず、iphoneを中心に据えて経営の舵をきりました。 自社のコアとなる製品「iphone」を選び経営資源を集約させることで、今では世界的な商品になりました。 Apple社を例にあげましたが、競合他者がひしめく中で生き残る方法として<選択と集中>が有効なことがあります。
ところで、<選択と集中>の考え方は経営に限ったことでなく、
私たちひとりひとりの生活にも当てはめることができるのではないでしょうか。
私たちの生活時間は24時間で限りがあります。
24時間、常に思考を張り巡らして、動き回ることができればよいかもしれません。
ですが、体力や集中力にも限度があり休息は必要です。
食事や入浴、家事など生活を整えるための時間の確保も大事です。
また、生きていくために必要なお金も湧いて出てくる訳ではありません。 限りある時間、労力、お金の中で私たちは生きています。 趣味は生活に彩りを添えてくれるものですが、趣味に没頭しすぎて仕事に支障が出れば本末転倒です。
あれもこれもスキルを得ようと手を広げると、どれも中途半端になるリスクもあります。 「二兎追うものは一兎をも得ず」という諺もあるように、あれもこれも全てできる訳ではありません。 まず、今の自分にとって優先順位が高いものは何かを整理してみましょう。 今、自分がやらなければならない重要なことに<選択と集中>をすることで、
私たちの生活がよりシンプルに、強く、豊かになるかもしれませんね。
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。
[footer]ito]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799