ブログ

行動に移すこと

今年は猛暑の日が続きますね。
熱中症になる方も多いと報道もされているので、水分補給などしっかりと対策は取っていきましょうね。 今回は行動することについてお話ししたいと思います。 就労移行支援事業所に通う目的は、一つは就職することです。
ですが、その就職に至る過程には、様々な不安と向き合っていかないといけません。
私たちはわからないこと、先のことに対しては不安を感じやすくなります。 例えば、週5日で就労したいのであれば、週5日働くだけの体力が必要となります
「今は週5日通うのが難しいなあ、本当に就職できるのかなあ」と不安を感じたりすることも出てくるかもしれません。
では、その不安をどうやって軽減させていくのでしょうか? 一番の方法は“まずやってみる、行動に移す”ことだと思います。 自分が今取り組むべきことに取り組んでいくと、おのずと不安感は軽減されていくのではないでしょうか。 例えば、体力に自信がないのであれば、週5日通うための体力をつける必要があります。
睡眠や食事などの生活リズムを見直していくこと、見直したら改善するために行動に移していくことが必要です。
皆さん不安については様々なものがあると思います。
取り組むべきことに関してスタッフと相談しながら進めていき、スモールステップで成功体験を積み上げていくことによって、自然とゴールに近づいていくことができます。 実際に就活をすすめると、面接で上手く話せるか、内定を頂けるかなど、新しい不安がどんどん出てくるかと思います。
その不安に対しても、考えて結論を出すことは難しいです。
そのため、面接でしっかりと自分のことをありのままに表現できるよう、自分自身の棚卸を進めていったりしながら、内定を頂けるように行動に移していくことが大事になってきます。 就労移行支援事業所に通う中で、成功体験と失敗体験の両方を経験していただきたいと思います。
就職を果たし、就労してからも一度もミスをしないという人はいないと思います。
その時にどう対処するか、就労移行に通っている間に対処法をどんどん増やしていくことは、必ず就労してからも役に立ちます。 職場に行ってからも“まずやってみる、行動に移す”ということは、前向きに働く姿勢として非常に大切であり、企業の方が求めるものでもあります。 リエンゲ―ジメントでは随時見学・相談を承っております。
もしお困りごとがございましたら、一人で悩まず支援者に相談するという一歩を踏み出してみてはいかがでしょうか^ ^
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。 [footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799