ブログ

自己開示

雨が続く季節になりますが、気持ちまでどんよりしないように、身体を動かして、気持ちを持ち上げていきましょう。 さて、本日のテーマは自己開示。
先日のブログ(他者貢献)でご紹介した“思いやリーダー”を育てるためのゲームでは、最後にゲームを通して感じたことや最近気になることをお話する時間を設けています。
ゲームを通して打ち解けたところで、自己開示をしています。 「自己開示」とは、自分の主観的世界や自分に関する情報について、他者に言語を介して伝える行為です。 相手に特定の印象を持たせようなどといった意図なしに、ありのままの自分の姿を伝達するという点が特徴です。 この自己開示には、自己開示をされた受け手も同程度の自己開示をする傾向があるという、返報性の法則が知られています。
つまり、こちらが仕事の話をしたら相手も仕事の話、よりプライベートな家庭の話をしたら相手も家庭の話をするといった具合に、同程度の話をする傾向にあります。 ここで大切なのは、最初は当り障りもないところから開示していき、徐々にプライベートなことを開示していくことです。
出会って間もないのに、プライベートな話をしても、相手は受け取る準備ができていないので、関係性に合わせて開示していくことがポイントです。 このように、少しずつ自己開示をしていくことで、お互いの情報が交換され、自己理解および他者理解が進んでいき、相手との関係が深まっていきます。
そして、相手のことがわかってくると人は安心します。
人は一般的に、わからないことに不安を抱くので、わかるということが安心につながるんですね。 つまり、自己開示をすることは、安心する居場所づくりにつながると言えます。
先日お伝えした他者貢献とともに、自己開示をすることで、安心できる自分の居場所を作っていけるのではないかと思います^^ ※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。
[footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799