ブログ

自信をつける方法

こんにちは。

師走に入り、何かと忙しくなる季節ですが皆さんいかがお過ごしでしょうか?

寒さが増し体調を崩しやすい季節なので、生活リズムに気を付け無理のない生活を心掛けましょう。

 

さて本日は、心理学者バンデューラ氏が提唱している「自己効力感を高める方法」についてお話させていただきます。人は自信がもてないと、なかなか行動に移せなかったり、積極的になれなかったりします。今日は、自信をつけるための4つのポイントについて説明させていただきます。

 

  • 自分の力でやり遂げる

自己効力感を高め、自信をつけるのに最も影響すると言われています。小さなチャレンジを行い、成功体験を積み重ねていくことで、困難や逆境に対しても自ら乗り越えていく意欲が出たり、率先して行動に移すこと出来るようになります。

 

  • 人の成功体験を見聞きして学ぶ

人は自ら経験しなくても、他者の経験から学ぶことが出来ます。そして、それが自分と似たような立場の人だったりすると、自分事のように感じ、自信をつけることが出来ます。

 

  • 周りから褒められ、認められる経験をする

人はある行動に対し、繰り返し褒められたり、認められたりすると自己効力感が高まります。そして、それをきっかけとして更に発展した行動に移すことができるようになります。

 

  • 心と身体に良い経験をする

身体や心の中で起きた変化を体験することによって、自己効力感はつくられます。例えば、ドキドキして冷や汗をかくような体験をした時には自己効力感は低下します。反対に、リラックスした状態や嬉しい気持ち、楽しい気持ちでいられる場面では、自己効力感は増し、自信をつけることができます。

 

リエンゲージメントでは様々なプログラムがあり、こころと身体の体質改善を目指しています。仲間とのグループワークを通して、自分の長所に気付く機会もたくさんあります。

ご興味のある方は、ぜひ一度見学にいらしてくださいね。

次へ

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799