ブログ

自信は誤解?

暦の上では春ですね。
気温が上がってくると、体も動かしやすいですし、薄着になって身軽さを感じられますね。
寒くて体が固くなるストレスから解放されるのを実感されている方も多いのではないでしょうか。 さて、同じ体でも気づきにくいこともあります。
私は先日、体の専門家から「器用で良く動くと思っている部位ほど固くなっています」と言われたのです。
どういうこと!?と思いますよね。
起きてから寝るまで、日常の家事・仕事でのPC操作・スマホ操作等、誰もが手先は一日中使いますよね。
私は右利きなので特に右手は良く使います。
では、手の指を(4本まとめて)掴んで手の甲側へ反らせた時、よく曲がるのはどちらでしょうか。 なんと利き手ではない方なんです。
利き手は良く動かす分、決まった動かし方が多く、可動域も固定されていきます。
その動作は内側へ向けることが殆どで、内側に動かすことに関しては鍛えられていきます。
スポーツ選手はバランスよく鍛えることに慣れていますが、私たちは普段動かしていない部分を鍛えることはあまりないと思います。
また、毎日よく動かしてもその部分のメンテナンスはしていないのではないでしょうか。 自分の事はよくわかっていると思いがちですが、実はわかっていないことも多いのですね。
こうした過信は、ものの見方や考え方にも同様に起きています。
人は自分だけの決まりきった考え方の中だけで、十分できていると誤解していることがあります。
もちろん私を含めてです。
その誤解から抜け出すためには、ほかの考え方があること、もっと良い選択肢が他にあるかもしれないことを知ればいいのです。
しかし、これまで繰り返されてきた、なぜかうまく行った・行かなかった原因は自分一人では気づけないことが殆どです。 では、どうやったら気づけるのでしょう。
自分一人ではできないことには、グループの力が有効です。 仲間やスタッフと様々なプログラムに参加する中で多くの気づきが得られます。
人付き合いが苦手でも、他の仲間同士のやりとりから気づきを得る事もできます。
安心・安全な場所でプログラムに参加することで将来の就職や生き方に役に立つヒントをたくさん得られます。
リエンゲージメントではそんな「気づき」や「それから」を知るプログラムが用意されています。
文字だけでは伝わらない情報もたくさん受け取っていただきたいと思います。
是非一度見学にお越しくださいね。
↓↓↓ こちらから見学・相談のお申込みができます。 ↓↓↓ 次へ ☘リエンゲージメントでは、随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
お気軽にお問合せください☘ [footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799