ブログ

臨機応変

7月に入り一層暑い日が増えてきましたね。体調管理には気を付けていきましょうね。 さて、皆さんは「臨機応変」という言葉はご存知ですよね。
言葉の意味は、“その場その場の情勢や状況の変化に応じて、適切な手段をとること”とされています。 頭ではわかっていても、「職場で臨機応変に行動しましょう」と言われると、難しく感じてしまう方も多いのではないでしょうか?
しかし、何もそんなに難しく考えなくてもいいのです。 例えば、職場で今日は体調が悪いなあと思えば、その際に上司や同僚にその旨を伝えておく。
これも立派な臨機応変な行動です。
他にも、自分がAの仕事をしていたら別のBの仕事を頼まれたなんてことはないでしょか?
仕事は慣れれば、自分で優先順位をつけることも可能になるかもしれません。
ただ、入社当初などはわからないことも多いと思いますので、どちらから取りかかっていいのかわからないのであれば、しっかりと上司に確認してみましょう。
確認して、「Bからやってください」と言われてそちらの業務に取り掛かることも、臨機応変な行動です。 また、仕事をしていると全く同じことの繰り返しで、全く同じことしか起きないということは少ないかと思います。
イレギュラーなことが起こった時、誰に報告するか、誰に相談するかわかっているだけで対応できることもあります。
無理に自分ひとりで解決しないといけないと、慌てる必要はないのです。 その時々によって職場の環境というのは変化し、組織改編に伴い人事異動が行われて、自分の所属していた部署が大きくなったり小さくなったりすることもあります。
職場で変化が起きた際には、受身ではなく能動的に対応していく姿勢が必要です。
想定できることはあらかじめ準備をしておいてもいいかもしれませんね。 リエンゲージメントでは職場での自分というのをイメージして様々な考え方についてグループディスカッションなどを通して皆さんで考えていただいたりしています。
就職してから困らないように、皆さんも一つずつ準備を進めていきませんか。
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。 [footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799