ブログ

瞑想・マインドフルネス

寒さ対策には「首回り」を暖かくするのが体温を保持するのに一番だそうです。
ぜひ、お試しいただいて、体調に気を付けて欲しいと思います。 それでは、今日は瞑想・マインドフルネスについてお話します。
NHKの「ためしてガッテン」でも、瞑想の効果とマインドフルネスのやり方をご紹介していました。
ここでは、なぜ今瞑想やマインドフルネスが注目されているか簡単に説明します。 私たちの脳はストレスを受けるとダメージを受けます。
ダメージと聞くと「大げさな」と思うかもしれませんね。
私たちは、目に見えないことに中々気づけません。
けれど、実際に脳の中にダメージを受けてしまうのです。 具体的には「海馬」という部分が縮んでしまうそうです。
私たちの脳の中で一番発達した部分は「前頭前野」という思考や判断力を担う部位です。
この前頭前野が一番頼りにしているのが海馬です。 瞑想をするとこの「海馬」という記憶の中枢をつかさどる場所の体積が5%大きくなることがわかっています。
さらに8週間の瞑想で、海馬のほかに小脳・脳幹などが増加することもわかったそうです。 ちなみに海馬は眠っている時に記憶の取捨選択もおこなっているようです。
そう考えると、認知の歪みを直すにも、脳の状態を良くするためにマインドフルネスが役立つのです。 海外では、自閉症や頭痛や慢性的な痛みなどに効果を出しているという報告があります。
また、日本でも認知症の方が表情が豊かになるなど、ごく短期間で効果を出しているようです。 私たちは日頃からストレスを受け続けています。 ストレス下にいる人は、ネガティブな状態に引っ張られ、どんどんネガティブになっていく可能性があります。
そこを中断させるためにも、早期に、定期的に脳や体をリラックスさせてリセットすることが大切です。
それを、簡単におこなえるのが瞑想・マインドフルネスというわけです。 興味がある方は本などで方法を調べてみてはいかがでしょうか^^
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。 [footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799