ブログ

熱中症対策

東京では、本日35℃を超えると、猛暑日が5日連続となるそうです。
そうなると、猛暑日の連続記録を更新するのだとか。
引き続き、熱中症にはご注意くださいね。 ということで、本日のテーマは熱中症対策。 熱中症の発生には、体調が大きく影響すると言われていますので、まずは暑さに負けない体づくりをすることが大切です。
日常的に適度な運動をおこない、バランスの良い食事、十分な睡眠を心がけましょう。
暑さに負けない体づくりのポイントとしては、以下のような点があります。 ・こまめな水分補給
のどが渇いていなくても、こまめに水分をとることが大切です。
ここで注意していただきたいのは、お茶やコーヒーでは、水分補給にはならないということです。
お茶やコーヒーに含まれるカフェインには利尿作用があるため、体の外に出る水分がいつもより増えてしまうと言われています。
お茶を飲むのであれば、麦茶等のカフェインの入ってないものにしましょう。 ・ミネラル補給
汗によって水分だけでなく、ミネラルも失われてしまいます。
ミネラルは人間の体内ではつくられないので、食事等でしっかり補いましょう。
最近では、ミネラル入りの飲み物も売られていますので、そういったものを活用するのもいいですね。 続いて、日々の生活でも暑さ対策をすることも重要です。
自分のいる環境の熱中症の危険度を常に気にする習慣をつけ、以下のような対策をしていきましょう。 ・適度な空調で室内の温度を快適に保つ。
日差しを遮ったり風通しを良くすることで、気温や湿度が高くなるのを防ぎ、扇風機やエアコンで室温を適度に下げましょう。
暑さを我慢することは禁物です。 ・冷却グッズの活用。
最近では、冷却シートやスカーフ、氷枕などの冷却グッズも数多く売られています。
こうした冷却グッズも利用してみてはいかがでしょうか。
特に寝苦しい夜などは、冷感素材の寝具などを取り入れて、睡眠環境を整えるのもおすすめです。 ・衣類の素材選び。
衣服を、麻や綿など通気性のよい生地を選んだり、下着には吸水性や速乾性にすぐれた素材を選ぶのもポイントです。 ・直射日光を防ぐ。
外に出るときには、帽子をかぶったり、日傘をさすことで直射日光を避け、日射しにあたりすぎないようにすることも大切です。 暑い日が続いていますが、しっかり熱中症対策をし、夏を乗り切りましょう!
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。
[footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799