ブログ

本日のうつ病など精神疾患向けリワークは!

・症病教育
・アサーショントレーニング ●症病教育(食事・運動)
健康を保つためには、①栄養、②運動、③休養のバランスがとれていることが重要であり、
個人の健康を保つ事はリワークにおいても、また、社会にとっても重要なファクターです。
休養の部分は「ストレス」の回で取り上げたので、今回は、栄養と運動について学びました。
我々の身体を作るのは日々の食事です。また、エネルギー代謝等、運動と栄養は切り離せない問題です。
「自分の健康は自分で守る」という視点から、運動を含めた食習慣に興味を持ってもらう事が目的です。
本日は食習慣のチェックと、一日の活動量をチェックし、一日に必要なエネルギー量を計算していただきました。
一般的な指標と照らし合わせることで、自分のイメージとのズレを解消することができます。
献立を考えるコツや外食時のメニューの選び方のコツなども話し合いました。 ●アサーショントレーニング
自他尊重のコミュニケーションのトレーニングは今回で4回目となりました。
「相手の権利も理解した上で、自分の意見を伝える」
自分の意見を伝えることにエネルギーを費やすのに一生懸命になると、
つい相手の権利のことを忘れてしまいがちになります。
今回は「相手の権利を侵害しない」ことを確認しました。
また、相手の気分を波立たせずに伝える「Iメッセージ」、
「NO」の扱い方も学びました。 我々は望ましい行動については、学ぶ機会は十分にありますが、
自分の主張の仕方や、断り方については学ぶ機会が少ないです。
しかし、自然と身につくものだと思っている方が多いのが現状です。
アサーティブな表現は、具体的で応用が効くように習っていなければ
実践が難しく、また、繰り返し練習することで身に付くものです。 全てのプログラムに共通する部分でもありますが、
「繰り返し練習する事」が重要です。 アサーショントレーニングも栄養についての講義も
うつ病や精神疾患を患った方だけではなく、
誰もが学んでおく必要のあるプログラムだと思います。 ※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。
[footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799