ブログ

損してもいいや

先週末はお花見日和でしたね。皆さんはお花見にはもう行かれましたか?私は、道すがら家の近くの川沿いの桜を満喫しました。 さて、今日のテーマは「損してもいいや」。 私たちの多くは、損はしたくないという気持ちを持っていると思います。
損をしたくないという気持ちが強いと、物事を決めるときに、いつも「損得で決める」「いい悪いで決める」ようになっていきます。 そして、損得に敏感になりますから、
自分だけが損している
自分だけが我慢している
自分だけが犠牲になっている …
と感じることがどうしても多くなってしまいます。 そうすると、どんどん不満が溜まっていってしまうんですね。 残念ながら、いつも得するなんてことはないと思います。
反対にいつも損ばかりということもないと思います。
損があるから得もある。 損したと思ったけれど、長い目で見たら得なことだっていっぱいあります。
損したと思っても、やってみたらとても勉強になった、成長につながることだってあります。 そう考えると、損しないようにと考えていることが、あんまり意味のないことだと思いませんか? アチーバスの「与える人になる」と同じように考えてみるとわかりやすいかもしれませんね。 自分が与えてばかりいると、損するように感じるかもしれませんが、自分を囲む環境が好転することで、自分自身にも良い影響があります。
最終的には巡り巡って自分が与えられる立場になっている、そういうこともありますよね。
だからこそ、一時の損得にとらわれないことが大切です。 そして何よりも「損してもいいや」そう思えると自分が楽になります。 損したと感じて不満がたまることがなければ、これまでよりきっと穏やかな気持ちで過ごせると思いますよ^^ ※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。
[footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799