ブログ

年末年始の心と体の健康

今年できなかった事や、やり残したことなどはありませんか?
年末までに区切りをつけて、気持ちを整理して新しい年を迎えたいものですね。 さて、年末といえば、まもなく年末年始の連休に入りますね。
せっかくの休みだからと、日中からゴロゴロして家から一歩も出ずに過ごしたり、何をしてもかまわないだろうという気分で、不規則な生活を続けていくと、休み明けに生活のリズムを戻すのが大変です。 たとえば、休み明けによくある症状として、朝起きられない、胃腸の調子がよくない、憂鬱な気分になる、体が重くてだるい、ぼーっとして頭が回らないなどがあります。
こうならないために、休み中に生活リズムを崩さないポイントを考えてみましょう。

休み中に生活リズムを崩さないポイント


①普段と同じ時刻に起きて、普段通りの生活リズムを保ちましょう
せっかくのお休みで夜更かしもあるかと思いますが、睡眠に乱れが続くと連休明けに支障が出てきます。できるだけ朝起きる時刻は普段と変わらない時間を心がけましょう。それだけのことで、連休明けの体調と生活のリズムはだいぶ違ってきます。 ②バランスの良い食生活を心がけましょう
年末年始はご馳走を食べる機会が増え、食べ過ぎや飲み過ぎから胃腸の調子を崩しがちになります。
基本は3食を規則正しく食べることを心掛けて、食べ過ぎてしまった翌日などは、疲れた胃を休めるために胃腸にやさしい食生活にして消化のリズムも整えましょう。 ③適度な運動習慣を持ちましょう
普段は通勤や通学など、決まった時間に活動をしていますが、年末年始は運動不足になりがちです。散歩や軽い運動で体を動かすことを忘れないようにしましょう。
特に連休が明ける前は生活に適度な運動を取り入れ、身体をリフレッシュしましょう。 ④太陽の光を浴びしましょう
朝スッキリ起きられない、なかなか寝つけない、夜中に何度も目が覚めてしまうといった場合、睡眠ホルモンであるメラトニンが不足して体内時計が狂っている可能性があります。
太陽の光を浴びることでメラトニンが増加すると、よく眠れるようになります。朝起きたらカーテンを開けて朝日を室内に取り入れたり、15分から20分くらい日の当たる場所を散歩してみましょう。

年末年始は家でのんびり家で過ごす人も、旅行に行く人も、いつもと違う生活リズムで連休を過ごした後は、体調が崩れやすいと自覚しておくことが大切です。
体調の波を小さくしておくには、連休が明ける前に生活のリズムを整えておくことが特に重要になります。連休明けからスムーズに日常のリズムを取り戻すためにも、連休後半からは自分の心と体に優しい過ごし方を心がけていきましょう。 リエンゲージメントでは生活リズムを整えるためのプログラムを用意しています。
興味を持たれた方はぜひ一度見学・相談にいらしてください。
☘見学・相談はリエンゲージメントのホームページや電話で随時受け付けています☘ ⬇こちらから見学・相談のお申込みができます⬇ 次へ
🔶🔷イベント情報🔶🔷 ハッピーアイランドカウントダウン2020


横浜・八景島シーパラダイスでは、大晦日から元旦にかけてオールナイト営業!盛大な花火やカウントダウンライブで盛りあがる「ハッピーアイランドカウントダウン2020」を開催します!アクアミュージアム裏手にある防波堤の周辺からは「初日の出」を見ることができます。房総半島の山並みより1年のはじまりにふさわしい、美しい初日の出をお楽しみください! 🟢日程 2019年12月31日(火)~2020年1月1日(水・祝)
🟢時間 オールナイト営業時間:12月31日 19:00~翌1月1日 8:00
 ※カウントダウンオールナイトパスは12月31日15:00から利用可能
🟢会場 横浜・八景島シーパラダイス

※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。 [footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799