ブログ

就労に向けての健康管理

今年も残すところあと約2カ月となってしまいました。
秋の夕暮れはなんだか切ない気持ちになったりしますね。 このところお天気が不安定で、体調を崩している人多いように感じます。
風邪の症状や気持ちの落ち込みをはじめ、気圧の影響などで体調を崩す方ももいらっしゃるようです。
日々、自分の健康や体調は自分自身で管理をしていくことが大切です。
何をどのように活動すると疲れるのか、不調の時はどう対処すればよいのか、自分に合った気分転換の方法はなにか、試行錯誤しながら自分の体調管理法を見出して、早めの対処をしていくことが重要だと思います。 リエンゲージメントでは利用者の方に毎日の睡眠時間や活動記録、食生活の記録をつけてもらい、後から記録を客観的に見て振り返り、毎日の自分自身の健康管理、メンタルヘルス対策に役立てていただいています。
記録をつけていくうちに自分のライフスタイルから見えてくる傾向、体調や気分の変化、自分も気が付かなかった意外な落とし穴が解るようになったり、日常生活の細かな見直しにつながります。 「就労準備性ピラミッド」と呼ばれている図があるのをご存知でしょうか。
障害の有無に 関わらず、人が就業する上で必要とされる5項目を、その優先順位でピラミッド型にならべたものです。
一番下が「健康管理」、その上が「日常生活管理」、その上が「対人技能」、その上が「基本的労働習慣」、トップが仕事の力の「職業適性」になっています。
資格やスキルが高く、適性のある職業に就いたとしても、ピラミッドの土台の「健康管理の力」から順にしっかりと備わっていないと働き続けることは難しいということを表しています。 リエンゲージメントではさまざまなプログラムの中で土台の「健康管理」から上位から2番目の「基本的労働習慣」までを身につけられるよう大切なことは繰り返し行っています。 自分で掲げた目標達成に効果的な行動をどれだけ多く習慣化できているか、定期的に振り返りを行っています。
そのうえで、自身の特性を踏まえて、「職業適性」についても考えていきます。 就労し、自分の障害と向き合いながら定着を目指していくためには、企業へ就職する前だけでなく入社後も含めた職業生活を想定し、心身ともに安定したコンディションを維持するための力をつけていきましょう。
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。 [footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799