ブログ

学ぶ姿勢

今回は2つだけ挙げてみます。
『最後までやり通すこと』と『何度もやり直すこと』です。 『最後までやり通すこと』
プログラムの中で 様々な考え方や技術を学びますが、出来るようになるには それなりの練習が必要です。
始めはうまく出来なくても、真摯に取り組んでいれば出来るようになるので、途中で放り出さずに取り組むことが必要です。 また、真摯に取り組まないことや 途中で放り出すことには、弊害もあります。
それは、真摯に取り組んでいれば学び取ることができたことを取りこぼしてしまうことや、「やり通すことが出来なかった自分」を認識して 本当の意味での自信を醸成できないなどの弊害です。 しかし 一番の弊害は、中途半端な知識を身につけることです。
本当の意味を誤解したまま人生に反映させることで、正しいと思い込んだままマイナス方向へ向かってしまいます。
正しいと思い込んでいるので、間違っていることにすら気づきません。
そうなってしまうと、運良く他者からの助言があっても聞く耳を持ちません。正しいと思い込んでいますから。 『何度もやり直すこと』
学んだ技術を使用して、得られた結果が最終結果とは限らないことを知っておく必要もあります。
一度で解決しようとすると、中途半端に出た結果に 振り回されてしまうことがあります。
認知行動療法でいえば、変容させた『認知』と『行動』が、自分にとって生きやすいものでないとき、目的を達成できていない可能性があります。
そんなときには、一度得られた結果を、再度 考察する必要があります。 また、技術だけに目が行きがちですが、技術を学ぶ過程で触れた考え方を振り返ることも重要です。
何かに取り組んだとき、取り組もうとしているときには、目的を見失わず真摯に取り組むことが大事です。
そのためには、目的を見失っていないかを定期的に確認すると良いでしょう。
自分だけで行なうことが難しいときは、適切な人に適切な方法で協力を求めると解決しやすくなります。 同じことを学んでいても、学ぶ姿勢が違うだけで、自分に返ってくる質も量も変化します。
せっかく学ぶのなら、良い吸収をして より良い人生にしていきたいですね^^
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。
[footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799