ブログ

呼吸を忘れていませんか?

今週は雨の日が続くと聞いています。
体調管理にお気を付けくださいね。 さて、先日私は都内の料理店に食事に行きました。
所謂高級料理店と言われるようなところで、知人の誘いで行くこととなりましたが、
なかなか行くことのない、敷居の高そうなお店に私自身はとてつもない緊張感を覚えました。 ネットなどでも評判の美味しいお店ではありましたが、正直その時食べたものの味はほとんど覚えていません。
今思えば、相当自分が緊張していたことがわかります。 『今思えば』と書きましたが、私はその食事の最中では、気づかなかったことがたくさんあります。
その一つが、自分が呼吸をすることをすっかり忘れていたことです。
もちろん呼吸をしていないということはありませんが、自分がやっとちゃんと呼吸ができていることを自覚したのは、お店を出て、電車に乗り、何駅か過ぎたところでした。 その瞬間は、自分が初めて呼吸をしたような気分でした。
自分の中にそれまで全く酸素が溜まっていないような感覚すら覚えました。 皆さんも同じような経験をしたことはありませんか? 以前のブログでも、呼吸がとても大切であることや深呼吸・腹式呼吸の効果についてお伝えしていますね。
お腹での呼吸(腹式呼吸)は、副交感神経を高めることができる呼吸だと言われています。
胸での呼吸(胸式呼吸)の3倍以上の酸素のやりとりがなされ、心臓や肺の負担が減ることや高血圧を防ぐことができる効果も証明されています。
さらには、脳の活性化や新陳代謝をよりよくする効果も期待されています。
一方、胸での呼吸(胸式呼吸)は交感神経を高める呼吸であると言われています。
呼吸を浅くし、筋肉の働きを高めたり、緊張感を高めたりする効果があるとされています。
もちろん、これから運動をしたり、頭を働かせたりしたい場面もあると思います。
ただ、本当は落ち着きたいはずなのに、意図せずとも、つい呼吸を忘れてしまったり、浅く短い呼吸をしてしまったりすることもあるでしょう。 今の自分がどうありたいのか、今の自分がどんな状態でどんな風に呼吸をしているのか。
自分自身の心や身体の状態に目を向ける習慣を作ってみることをお勧めします^ ^
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。 [footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799