ブログ

周囲に良い影響を与える人

東京の今年8月の日照時間は、平年の半分となる約84時間しかなかったそうです。
9月は晴れる日がもう少し増えるといいですね。 さて、皆さんは就職する際のアピールポイントは何を持っていますか?
勤怠の安定、これまでの経験から得たスキル、資格など色々とあるかと思います。 実際どれも必要なものだと思いますし、勤怠の安定というのは必須条件です。
それと同時に企業の方は、「周囲にいい影響を与えられるかどうか」を見ていたりします。 周りにいい影響を与えるということは仕事の業務遂行能力だけではありません。
勤怠が安定していてどれだけ仕事ができたとしても、周りにいい影響を与えられない人というのは会社からはいい評価は得られないものです。 そうはいっても、周りにいい影響を与えられる人というと、なんだか難しく感じるかもしれませんね。
そこで、自分がどういう人と一緒に働きたいか、働きたくないかというのを考えてみましょう。 たとえば、いつも怒っている、不機嫌そうな人、周りに相談せずに勝手に仕事を進めてしまう人など、積極的に一緒に働きたいとは思えませんよね?
周囲の方と報告・相談をしながら業務を進めていったり、与えられた業務を嫌がらずに素直に遂行できることなど色々なところから判断されます。
それはつまり自分自身の働くうえでの姿勢となり、そのことをしっかりとアピールできると企業の方から「この人と一緒に働きたいな」と思ってもらえるのではないでしょうか。 企業の方は、仕事の能力に関しては、ある程度できれば、あとは会社で伸ばすことが可能だと考えることが多いです。
しかし、仕事に望む姿勢や、周囲との関係性作りができるかどうか、自分自身のコミュニケーションのパターンというのは仕事をしてからではなかなか改善が難しいものです。 そのため、スキルよりもしっかりと対人関係が作れる方を企業の方は採用したいと思っていることが多いです。 リエンゲージメントでは集団で行なうプログラムを多く用意しております。
その中で、今後働くうえで必要な人との関わり方、コミュニケーション能力などを皆で一緒にトレーニングを行なっております。 一人で抱え込まずに、同じ目的をもった仲間たちと一緒に取り組んでみませんか?
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。 [footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799