ブログ

信じる力

つまり、今日までに既に55日が過ぎていることになります。
月日の流れは早いものですね。(^^) さて、先日、ある番組で、こんな言葉が登場しました。 「信じてくれてありがとう。君が信じてくれたから、僕は自分の力を出し切ることができた。君を信じて良かった。」 これは主人公が、『もし自分がヒーローであったのならば、自分を助けてくれた人にどのような言葉を投げかけるだろうか』、と考えた末に発した言葉です。
私はその番組中、この言葉がとても印象に残りました。 相手が信じてくれることで、自分の力を十分に発揮できるようになることが多くあります。
例えば、チームスポーツです。 サッカーや野球などを思い浮かべてもらうとわかりやすいと思いますが、もし、自分のチームメイトを信じていなかったら、自分一人で戦おうとして、独りよがりなプレイをしてしまうことでしょう。
それで、果たして、チームの勝利はもたらされるのでしょうか。 もし、チームが勝利したとしても、チームメイトたちとの関係を崩し、最悪の場合、プレイすることができなくなってしまうことも考えられます。
相手を信じることは、自分の力をも十分に発揮するチャンスが増えることなのです。 また、上記の言葉は、他者に対して向ける言葉だけではなく、自分に向けることもできる言葉です。
自分が自分自身を信じることができなければ、行動することも考えることもおそらくできなくなってしまいます。
さきほどのスポーツの例で言えば、自分を信じることができていなければ、自分がボールを受けることも、人に渡すこともできなくなってしまうでしょう。 アチーバスの『思いやリーダーの夢をかなえる17の原則』の中でも、「できると信じる力」があげられています。
自分、そして他者を信じることが物事を達成するためのキーポイントになります。 信じることは簡単なことではないでしょう。
そこで、最初にあった言葉のように、まずは信じてくれた人や信じることのできた自分自身に、感謝を伝えてみると、良いかもしれません。(^^) 2月19日(土)から4月3日(日)までの期間、放送ライブラリーにて、『ウルトラマン 時を超える珠玉のストーリー展 ~未来へ繋ぐメッセージ~』が開催されます。
50年前に放送された初代「ウルトラマン」の全39話を振り返り、脚本家の想いや、怪獣たちの立像やミニチュア、シーン再現ジオラマ、メカ、基地などを用いて、ストーリーの魅力が紹介されます。
昨年放送の「ウルトラマンX」の関連展示や上映会、トークショーや握手撮影会も開催されます。
誰もが知るヒーローと対面するチャンス。足を運ばれてみてはいかがでしょうか。(^^) 放送ライブラリー
〒231-0021
神奈川県横浜市中区日本大通11 横浜情報文化センター内 8階 ※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。 [footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799