ブログ

低血圧

昨日は、東京でも30度を超え、暑い一日でしたね。 リエンゲージメントでは、毎月、体重や血圧、血流を計っています。
先日、自分自身も血圧を測ってみたら、いつもより低めに出ていたたのですが、今月の計測では、メンバーさんも血圧が低めに出る方が多くいらっしゃいましたので、今日は、低血圧について調べてみました。 低血圧とは、一般的に最高血圧が100mmHg以下を指す事が多いそうです。
血圧が低いと、心臓から血液を送り出す力が弱いため、全身の血の巡りが悪くなると言われています。
また、脳や全身に栄養分がいきわたりにくくなるため、めまいや立ちくらみ、頭痛、不眠、倦怠感、食欲不振、むくみ、低体温などの原因になる事もあるとか。 一般的に、血圧は低い方が良いと言われていることもあり、高血圧に比べるとあまり問題視されにくかったり、 病院で測ったりすると、普段よりも血圧が少し高くでやすい等の事から、発見されにくいこともありますが、血圧が低すぎるのも問題な様です。
血圧においても、バランスが大事なのですね。 そして、低血圧の症状は、梅雨時から夏場に辛くなる方が多いのだとか。
これは、気温が上がる事によって血管が拡張するため、血圧が下がることと関係が深い様です。
普段は低血圧ではない人も夏場に、血流が悪くなり不調を起こすというケースもあるそうなので、注意が必要ですね。 低血圧を予防するための、日常生活の工夫としては、
・なるべく朝方生活にする
・規則正しい、バランスの取れた食事をとる(身体を冷やす食べ物は避ける)
・適度な運動をする
などが挙げられます。
上記を見てもわかる通り、規則正しい生活が重要ですね。
自律神経のバランスは、血圧と深く関係しています。
通常、交感神経が優位になると血圧が上昇し、副交感神経が優位になると血圧が低下します。
自律神経のバランスを整えるコツも規則正しい生活です。
つまり、血圧のバランスを整えるためには、「規則正しい生活」。
普段から、バランスのとれた生活を崩さないようにしていくことが重要なのですね。 この時期に、体調が崩れやすい方は、一度ご自身の血圧にも気を配ってみてはいかがでしょうか?^^
出典:「低血圧の治し方と症状改善ナビ」http://xn--oqq44m59ax83a7j5b.net/
   「健康生活」http://health-to-you.jp/hypotension/natuteiketuatutaisyo9479/
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。
[footer] ]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799