ブログ

人目を気にする人

北半球においては一年で最も日照時間が長い日です。 日本ではあまり夏至を意識することもないかもしれませんが、北の最果ての北欧においては、もともと日照時間が短い地域という事もあり、 夏至はとてもありがたい特別な日なのだそうです。 北欧ではこの日、夏至祭りが開催され、国によっては祝日になるのだとか。
日本では6月に祝日がないので、夏至が祝日になるなんて、うらやましいですね。
さて、本日のテーマは “人目を気にする人”。 “人目を気にする人” は、ある意味、批判力がある人だそうです。
「こんなこともできなかったら、 “常識知らず” だと “バカにされる” 」
「こんなことしたら、“はしたない” と思われる」など。 こういう風に思っている方は、人に対しても、批判的に見がちだそうです。
だからこそ、人に自分が批判的に見られている気がするのだそうです。 つまり、“自分が人をどう見ているか” = “自分が人にどう見られると思っているか” なのです。 ですので、人目を気にする人は、まず自分が人の行動やふるまいを批判するのをやめることが重要だそうです。
周りの人の行動が許せるようになれば、自分が人にどう見られているかが気にならなくなります。 また反対に、自分への批判をなくすこと、または誰かに自分を許してもらう経験をするといった方法もあります。
自分への批判がなくなれば、人への批判もなくなり、人目も気にならなくなるのです。 どちらも難しくてできないという方には、こんな方法もあります。 人目が気になるときは、自分に目が向いているとき。
つまり、周りや相手のことが見えなくなっているときでもあります。
人目が気になって仕方がないというときこそ、周りに目を向けてみましょう。
周りに対して何かできることないかな などと、自分が相手にできることを考えていくことです。
自分に向いていた目を、外に向けると、あまり人目が気にならなくなります。 人目が気になって悩んでいるときは、試してみてはいかがでしょうか^^
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。
[footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799