ブログ

事実と思いの区別

そこで、質問です。 では、「思い」と別に「事実」とはなんでしょう?
「思い」はみなさんが感じた、感動や感情、「きれいだなぁ」「楽しいなぁ」「懐かしいなぁ」などです。 「事実」はあっけないですが、「花火」をやっていたとか「花火」を見ていたということ。
心の世界では、「事実」と「思い」の区別が大切です。 私たちは、生まれたときから様々な経験をします。 楽しいことや嬉しいこと。怖いことや悲しいこと。笑ったり、泣いたり、怒ったり。
このように、たくさんの経験をしながら、一人ひとり独自の世界観を作っていきます。 つまり、自分の世界観は、他人の世界観や「事実」とは違うものです。 「自分の世界観」は言い換えると「主観」とも言えます。主観とは「自分視点」の世界ですね。 そこには、「思い」が必ずといっていいほどついています。 私たちは、この「自分視点」をもって世界を瞬時に判断していきます。 私たちは、経験から学んで判断することを自然とおこなっているのです。 この「主観」「自分視点」「思い」が、ポジティブに働いていればいいですが、ネガティブに働くこともあります。
例えば、以前こんな方と出会いました。
・「血液型A型」の人は苦手なんです…。
この方は、今まで嫌なことをされた人達の血液型がA型だった経験を持っています。 偶然このようなことが起きただけでも、私たちの脳はものすごいスピードで「一般化」という学習をします。 そのおかげで、このような思い込みが出来上がります。 でも、世の中の血液型A型の人は実際どれだけの数いるでしょう。 この方にとっても将来ずっと「A型の人を避けて人付き合いをすること」は大変な苦労を伴います。まして、現実的ではありません。 このように、もしも「事実」と「思い」が混ざり合ってネガティブな世界を作っているのであれば、区別した方がいいでしょう。 血液型だけでおびえるような世界からは抜け出した方が、より楽に自由な人付き合いができるはずです。 この場合、「思い」は ・血液型A型の人は苦手 「事実」は ・嫌なことをした人の血液型がA型で重なっただけ ということです。 このように、「事実」と「思い」を区別することが出来ると、もっと気軽に生きることができるのではないでしょうか^^
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。 [footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799