ブログ

レジリエンス再考

リエンゲージメントのメンバーさんも震災で亡くなった方へ思いを込め、黙とうを捧げました。 震災や逆境などから連想される言葉があります。
「レジリエンス」という言葉で、ストレスに晒される状況で、一旦はへこんでも、次第に回復し復活していく力です。
復活力、回復力、逆境力など様々な訳語が当てられています。
この“しなやかで折れない心” をどうやって育むことができるのか、企業や教育界をはじめ多くの分野において注目が集まっています。 以前TVで「レジリエンス」を特集した番組を見ました。
キーワードとしてあがっていたのは「あきらめない力」、「可能性を信じる力」、「変化に目を向けられる力」でした。
しかし一方で、逆の力も大切ではないかという議論も展開されました。
「上手に諦めること」、さらには、「諦めたことをうまく忘れること」も必要だと。 粘り強く頑張るということは確かに重要ですが、日常生活には濃淡があります。
あらゆるものに対してあきらめずに頑張っていくというのも疲れるものです。
レジリエンスは、試練に満ちた環境の中で、何がどの程度大切か現実に目を向ける力と割り切り、そして現実に合わせて無理なく対応していく力の合算から、育まれていくものではないでしょうか。
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。
[footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799