ブログ

セルフ・コンパッション

気温が30度を超える日が続いておりますが、皆さまいかがお過ごしでしょうか。 さて、本日は「セルフ・コンパッション」についてお話をいたします。 皆さんは大事な面接場面などで緊張のあまり、ミスをしてしまい、
「もうダメだ」
「自分は悪い評価をされたのではないだろうか」
と落ち込み、不安になったことはありませんか。 そんな時、本日のテーマ「セルフ・コンパッション」が役に立ちます。
セルフ・コンパッションとは、自分自身に対しての温かく、思いやりを持ったかかわり方のことです。 先程の例であれば、ミスをしてしまったとしても、
「ミスはしたけれども、上手くできた部分もあった」
「誰しもミスの一つや二つするものだろう」
と自分に声をかけることができれば、セルフ・コンパッションができているサインです。 たとえ不安や心配ごとがあったとしても、自分自身にやさしく声をかけられるようなかかわりができると、感情のバランスを保てるようになることが研究で明らかになっています。
どうしてもネガティブな感情になってしまうときが私たちにはあります。
ただ、ネガティブな感情に飲み込まれてしまうと、感情のバランスを保てなくなってしまいます。
そんなときこそ、セルフ・コンパッションが私たちの感情のバランスを整える力となってくれるのです。 では、セルフ・コンパッションを上げるためにはどうしたらいいのでしょうか。
おすすめは、以前のブログでも紹介した「ほめ日記」をつけることです。
ほめ日記はセルフ・コンパッションの中核とされる自分へのやさしさ(Self-Kindness)や自尊心などを養うのに効果が高いといわれています。
一日の自分を振り返って、頑張ったこと、ほめたいところを書いていきます。
小さなこと、日々できていることを記入してもOKです。
大切なのは、毎日続ける、継続していくことです。
継続していくことによってセルフ・コンパッションが養われ、心に余裕が生まれます。
また、自分に対してだけでなく、他者に対してもやさしくいられるようになります。 皆さんもぜひ、ほめ日記を実践し、セルフ・コンパッションを養っていただければと思います^^
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。 [footer] ]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799