ブログ

オピニオン

先日、今年の漢字の発表がありましたね。
みなさんは今年の漢字が何になったか、もうご存知ですか。
今年の漢字は、「安」です。
安保関連法案の問題や、ブレイクしたピン芸人さんのネタからとられたと言われています。
今年の漢字の発表があると、一年の終わりを感じると同時に、一文字で一年のことや物事を表現するのは面白いなと感じます。 さて、リエンゲージメント横浜では先月から オピニオン というプログラムを行っています。
英語の“opinion”からプログラム名をとっており、これは「主張」、「意見」、「見解」、「所信」等といった意味のある英単語です。
このプログラムでは、一つのテーマに対し、自分たちの考えや意見、気持ちなどを発表し、話し合う、意見を交換し合うことをしています。
先日の オピニオン では、今話題となっている“軽減税率”をテーマとして、みなさんに意見を出し合っていただきました。
それぞれの考えを伝えあう、とても良い機会になったのではないかと思います。 オピニオンでは、テーマを通して、自分の力で考え、意見を持つようにしていくことやその意見を相手に伝えることの練習を目的としています。
例えば、今回のテーマとなった “軽減税率”について。
ニュース等で大きく報道はされているものの、事柄についてじっくりと調べて、考えることを日常の中ではなかなかしにくいことでしょう。
どんな意味や背景があるのか、どんな効果があるのか等、調べることで事柄を知り、理解し、その上で自分の意見を持つことができると思います。
先日のブログでも取り上げられた、『知る』、『わかる』、『できる』のステップと少し似ていますね。 更に、先にもお話したようにこのプログラムでは、自分の意見を相手にわかりやすく伝えることの練習、実践する場にもなります。
つまり、アサーション等のプログラムで学んだ「伝え方」のスキルを活かす貴重なチャンスです。
自分の意見を押し通すのではなく、相手の意見も尊重し、大切にしながら、自分の考えや意見を伝える。
そういったコミュニケーションが物事をより良い方向に向かわせるきっかけになっていくかもしれません。 しかし、そのコミュニケーションを取り入れていくこともまた難しくもあります。
どんな物事でもそうですが、コミュニケーションスキルもまた、一朝一夕で獲得できるものではありません。
どんな伝え方があるのか、等を知り、それを理解し、実践に移してできるようにしていくことが大切です。
そのためには何度も練習をしていくことが大切です。
時にはうまくいかないこともあるかもしれませんが、そのことを振り返り、次に活かすことが 本当の意味での『できる』に繋がっていくでしょう。 12月20日(日)の17時から、横浜みなとみらい21 グランモール公園 円形広場にて、『西区キャンドルアート2015』が開催されます。
こどもたちが描いたメッセージやご当地キャラクターをモチーフとした絵柄がキャンドルアートとして、浮かび上がります。
漢字一字や、たくさんの言葉とは異なる形で表現されたメッセージを楽しむのはいかがでしょうか。(^^) 横浜みなとみらい21
〒220-0012 神奈川県横浜市西区みなとみらい3 ※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。 [footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799