ブログ

つらいことも受け入れる

紫陽花がキレイな季節になりましたね。
雨が降り続く季節ですが、美しい紫陽花を見ていると気分が少し上がる気がします^^ さて、先日見ていたドラマでこんなセリフがありました。 「感情を否定し、忘れようとすればするほど、余計にその感情が強まります。この悪循環を断ち切るためには、まずその記憶を受けいれることです。何かを忘れることなんて、本当はできないのかもしれません。」 嫌なことがあったとき、そのことを忘れたいと思うことは多いものです。
しかし、忘れようとすればするほど、忘れられないという経験をした方も多いのではないでしょうか。 忘れようとひたすらほかのことに没頭し、心の奥底にしまい込んでも、何かの度に思い出してしまうこともあります。 さらに、心の奥底にしまわれた辛い記憶はどんどんたまっていき、体や心をむしばんでいきかねません。 だからこそ、忘れようとするのではなくて、まずはそのままを受けいれてみる。
そして、辛かった、悲しかった、腹が立った…そういった気持ちを無視せずに、その気持ちをしっかりと感じる。 一人で受け止めきれない時は、誰かに打ち明けてみる。専門家の力を借りるのもいいと思います。 辛い経験を受けいれることで、しっかり前を向いて進んでいけるのではないかと感じました。
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。
[footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799