ブログ

お互いを理解するためには

もちろん読めません。相手がお話してくだされば、相手を理解しようと努めますが、心が読めるなんてことはありません。
日本では、人の気持ちやその場の雰囲気を読むことがとても重視されています。
阿吽の呼吸という言葉があるように、言葉を交わさなくても察するということを求められています。 しかしながら、究極的には人の気持ちは読めません。
「言わなくてもわかる。伝わっている」なんてことは、実際はなかなか難しいと思います。相手は自分とは違う人間。あなたと同じように考えているとは限りません。
わかってほしいと思うなら、きちんと自分の思いを伝える必要があります。きちんと相手に伝わる方法で、伝える工夫が必要だと思います。 そして一方、相手の気持ちが分からないと悩む方がいらっしゃいます。
先ほども言いましたが、相手の気持ちなんて、実際のところその本人にしかわかりません。相手の気持ちを慮ることは大事ですが、必要以上に気にし過ぎては疲れてしまいます。時には相手の気持ちはわからないと割り切ることも必要なのではないでしょうか。そして、もし気になることがあるなら相手に聞く。コミュニケーションの手段は様々ありますが、コミュニケーションをしっかりとる以外に、相手の気持ちを知る手段はないと思います。 相手を理解するためには、そして自分を理解してもらうためには、コミュニケーションをとることです。一方的なコミュニケーションでなく、双方向のコミュニケーションをすることが、互いを理解する第一歩。大切な相手とのコミュニケーションは怠らないでほしいなと思います^^
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。
[footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799