ブログ

「できること」「できていること」

お天気にも恵まれ、良い日を過ごすことができていればと思います。
暑い日が続いておりますが、これから熱中症など、気をつけてくださいね。 さて、5月7日(木)は連休明け1回目のリワークでした。
午前に自己管理プログラムを行い、休みの間の自分の生活を振り返りました。
連休中、皆さん、それぞれの時間を過ごされているようでした。
睡眠のとり方、運動の仕方、食事について等、お互いにアドバイスやコメントをして、プログラム中は有意義な時間を過ごしていらっしゃるようでした。 自分自身では気づきにくいようなこと、どうしていくのが良いかわからないことも他の方と話しながら、考えると新しいものが見えてきますね。
『三人寄れば文殊の知恵』という言葉がありますが、まさにそんな瞬間を感じさせられました。 午後には映画鑑賞をしました。
この映画は、映画上映前およびその期間中、日本とアメリカで、放映されていた映画のCMの内容やポスターなどに大きな違いがありました。 日本のCMは、主人公とメインキャラクターの友情を描いているようなシーンが多く出てくる内容となっています。
一方、アメリカのCMでは映画内のアクションシーンを中心とした構成がなされているのだそうです。 これは、日本とアメリカとで需要の違いがあるからだと考えられており、日本は心温まる友情や家族もの、気持ちがホッとするようなものに興味を引かれやすく、一方でアメリカは戦闘シーンやヒーローもの等に興味を引かれやすい傾向にあるからではないかと言われています。 国によって、文化の違いや嗜好等が異なり、影響を受けるものもまた異なります。
その中で、日本という国は人物同士の交流を介して、癒しを得る、心温まるものを感じるところがあるのかもしれません。 多くの外国の方々も旅行で日本にいらした際には、日本の人々はとても親切である、暖かいということをおっしゃられます。
道の途中にある無人売店や神社、寺などのお賽銭箱等を見たときにも日本という国は信頼の上に成り立っているとよく感じます。
私たちの住むこの国は、人との繋がりや信頼をとても大切にしている国なのかもしれません。 人を信頼することや繋がりを持つことは難しいことではあります。
ただ、私たちはもしかしたら、日常的に『誰』ということはなく、『この国にいる誰か』を信頼して、毎日を過ごしているのかもしれませんね。
小さなところから、少しずつ自分に「できること」、「できていること」を見つけて、一歩ずつ進んでいきましょう。
※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。
[footer]]]>

見学相談のご予約・お問合せはこちらから

見学相談のご予約
お問合せはこちらから

お電話でのご予約・お問合せ

新宿03-5315-4940

横浜045-594-8799