ブログ

80%の力で頑張る

2019.02.12 09:20

皆さん、こんにちは。
2月に入ってから、寒かったり暖かくなったりしています。
気温差の大きい日々が続いていますが、体調に気をつけてお過ごしくださいね^ ^

リエンゲ―ジメントでは障害者雇用を積極的に行っている企業の方をお招きして、定期的に講演会を実施しています。
先日の講演会では、「長く安定して働き続けるために」というテーマでお話していただきました。
長く安定して働き続けるための様々なポイントについて教えていただきました。

今回はその中から、「80%の力で頑張る」というキーワードについてご紹介させていただきます。
エネルギーをフルに使って仕事に頑張っている状態を100%とすれば、その状態から常に20%の余力を残すようにして仕事に取り組んでくださいということだそうです。
20%の余力を残すなんて、それは自分に対する甘えであり、上司からは仕事をしていないとみなされるのではと不安視される方もおられるかもしれません。

そんな風に思われたときに考えてみてほしいのです。
仕事に頑張りすぎて、家に帰ると疲れ果ててしまって、何もする気力がなく、そのままベッドに横になってしまう状況を想像してみてください。
今まで続いていた生活リズムが、そこで途切れてしまい、エネルギーの源となる食事や睡眠に変調をきたし、却って翌日の仕事にマイナスの影響を及ぼしてしまいます。
それが続いていくと、疲れがたまり、体調を崩して働き続けられなくなってしまう…なんてことにもなりかねませんね。
「無理をしない」「気負い過ぎない」という姿勢が、長く安定して働き続けるためには大切であり、その感覚を数値として捉えると維持しやすくなることを教えていただきました。

利用者さんからは、
「いつも頑張り過ぎていた自分にとっては、まさに私の課題だと気づかされました」
「80%の力で頑張るとは具体的にどういう状態なのか。それが長く安定して働き続けることにリンクしているのだなと実感した」
などの感想が寄せられました。

「80%の力で頑張る」という意識を常に心がけることになりますが、特に働き始めた時と仕事に慣れだした時に、このキーワードを忘れがちになると感じました。
働き始めた時は、「今までの分を取り戻さなければ」「早く仕事を覚えなければ」と、つい焦りが生じてアクセルを踏みがちとなります。
仕事に慣れだした時は、「もう少し頑張っても大丈夫だ。もっと仕事ができることをアピールしたい」と自らが仕事のハードルを高くし、頑張り過ぎてしまいます。
「80%の力で頑張る」ということは、スモールステップで確実に前へ進むことにつながっていると感じました。

リエンゲージメントでは、就労準備プログラムやいろいろなプログラムを通じて、就労に向けての準備性を身につけていきます。
また、このような講演会を通して企業の方が何を求めているかについて生の声として知ることができます。
ぜひ、一度見学に来てみてください。
お待ちしております。


※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。

お問合せ先
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
一般社団法人リエンゲージメント(就労移行支援事業)
◇リエンゲージメント新宿
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-2 岩本和裁ビル4階
TEL : 03-5315-4940
◇リエンゲージメント横浜
〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-35-1 第2米林ビル8階
TEL : 045-594-8799
Mail: info@reengagement.org
http://reengagement.org/
~うつ病(精神疾患)克服! 復職・再就職支援 無料で提供~
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


この記事のトラックバックURL

http://reengagement.org/blog/22234/trackback/



« :前の記事 次の記事: »
リエンゲージメントとは 利用をご検討の方へ プログラム内容 就職までのプロセス 会社概要


一般社団法人リエンゲージメント/リワーク、就労移行支援
Copyright (C) Reengagement All Rights Reserved.

HOME お問い合わせ ニュース 企業人事のご担当者様へ 採用情報 プライバシーポリシー