ブログ

報連相の重要性

2018.12.20 09:20

こんにちは。
早いもので今年もあと十日あまりとなりましたね。

就労移行支援事業所で働いていると、毎日のように耳にする言葉があります。
「報連相」です。

ご存知のとおり「報連相」とは、「報告」・「連絡」・「相談」の略で、組織で業務を遂行するために必要不可欠なコミュニケーションのことです。

「報連相」という言葉は、1982年に山種証券社長の山崎富治氏が社内キャンペーンで使い始め、同氏が著した『ほうれんそうが会社を強くする』がベストセラーとなり広まったと言われています。
この本では、「報告」・「連絡」・「相談」とは、管理職が「イヤな情報、喜ばしくないデータ」を遠ざけず、問題点を積極的に改善していくことで、風通しの良い職場環境をつくるための手段として勧められていたものだったそうです。

もともとの意味はさておき、仕事場で上司やキーパーソンに適切に「報告」・「連絡」・「相談」を行なうことは、特に障害者雇用においては重要です。

精神障害のある方が職場で理解されにくいこととして、よくあるのが以下のようなことです。

・仕事に集中しすぎて疲れてしまう。
・上司が何を考えているか気になって仕方がない。
・体調に波がある。
・仕事をちゃんとできているかどうか自信が持てない。

これらのことについて、会社側とのギャップを埋めるのが「報連相」なのです。
実際、リエンゲージメントを卒業して就職した方のところに訪問すると、安定してお仕事を続けられている方は必ず「報連相」が適切にできていて、上記のような情報が上司やキーパーソンと共有され、理解されています。

リエンゲージメントでは適切な「報連相」を就職後に実践できるよう、様々なプログラムの中に組み込むとともに、日々の面談などでもその重要性を繰り返しお伝えするようにしています。


さて、12月21日(金)~12月24日(月・祝)に運河パークおよびナビオス横浜周辺で「横濱キャンドルカフェ」が開催されます。
今年は、やさしくて温かいキャンドルの灯を眺めながらクリスマスのひとときを横浜で過ごしてみてはいかがですか?

イベントホームページ


※リエンゲージメントでは、
随時 無料のリワークプログラムに参加できる方を募集しております。
気軽にお問合せください。

お問合せ先
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^
一般社団法人リエンゲージメント(就労移行支援事業)
◇リエンゲージメント新宿
〒160-0022 東京都新宿区新宿2-15-2 岩本和裁ビル4階
TEL : 03-5315-4940
◇リエンゲージメント横浜
〒221-0835 神奈川県横浜市神奈川区鶴屋町3-35-1 第2米林ビル8階
TEL : 045-594-8799
Mail: info@reengagement.org
http://reengagement.org/
~うつ病(精神疾患)克服! 復職・再就職支援 無料で提供~
^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^^


この記事のトラックバックURL

https://reengagement.org/blog/22198/trackback/



« :前の記事 次の記事: »
リエンゲージメントとは 利用をご検討の方へ プログラム内容 就職までのプロセス 会社概要


一般社団法人リエンゲージメント/リワーク、就労移行支援
Copyright (C) Reengagement All Rights Reserved.

HOME お問い合わせ ニュース 企業人事のご担当者様へ 採用情報 プライバシーポリシー